TOP > NEWS & TOPICS > 【海外インターンシップ/トゥルク大学】報告

NEWS & TOPICS

Meet the Leaders Event Announcements Post-event Reports Academic Achievements and Awards Admission/ Stipend Related Newsletters / Miscellaneous

【海外インターンシップ/トゥルク大学】報告

 Post-event Reports
2017.8.21  

2017年8月13日(日)から10月1日(日)まで、トゥルク大学(フィンランド・トゥルク)にて、5期生のSweksha Lohaniさんが、海外インターンシップを行っております。

以下、Sweksha Lohaniさんからの報告です。
2017年8月20日/No.1

IPBS 5期生の Sweksha Lohani です。
フィンランドに来て1週間が経ちましたので報告をしたいと思います。

現在滞在しているトゥルクは首都ヘルシンキからバスで約2時間のところにあります。トゥルク空港到着後は、雨が降っており少し寒い印象を受けましたが、晴天の日や日中は18℃前後と過ごしやすい気温に恵まれています。

現在インターンシップを行っているMediCity Research Laboratoryは、いくつもの研究グループが存在し、その中で、私は「がんと炎症における免疫細胞の輸送」に関わるグループに所属しています。所属研究室では、初日からあたたかく迎えいれてくれ、そして積極的に誰もが手助けをしてくれる環境なので早く研究室にも馴染んでいけるのではないかと思っています。研究室では、一日に2回coffee breakがあり、プライベートや研究についてなどコミュニケーションを多くとる様子が見られ、私も積極的にコミュニケーションをとっていきたいと思いました。

研究室は、さまざまなグループが共同研究を行っていることもあり非常に広く、初日は試薬の場所や高度な装置の使い方をひと通りの実験の行程を見せてもらいながら教えていただきました。今回のインターンシップでは、実際に実験指導をしてくれる博士課程後期のRuthさんが行っている研究の一部に関わらせていただくことになっています。Ruthさんは、二次リンパ器官へのリンパ球の出入りにMsr-1(Macrophage Scavenger Receptor-1)とRobo4 (roundabout-4)がそれぞれ関わっている可能性を追究しています。その中で私は、今回のインターンシップで (中略 研究内容) 調べる予定です。5μmの凍結切片をきれいに作るのは非常に難しく、今後努力していきたいと思っています。来週からは、前述の実験以外でin-vivoの実験の一部にも関わられていただくことになっており、いままでin-vitroの実験しか経験がない私にとってこの非常に貴重な機会を大切にして、より多くのことを吸収していきたいと思っています。

おととい、トゥルクの中心部でテロと思われる事件が発生し、現在厳重警戒態勢となっています。しかし、多くの警官が見回りを行っているため、外出自体は可能です。しばらくは、気を付けながら、フィンランド、日本そしてネパールそれぞれの文化や習慣の違いなども見つけていけたらと思っています。

Sweksha Lohani

2017年8月27日/No.2

IPBS 5期生のロハニです。
フィンランドにきて2週間が経ちましたので報告をしたいと思います。

フィンランドは、寒さがだんだんと増してきており、朝は気温11℃前後で、日中も日に当たらなければ外を歩くのも寒く思えるようになりました。また、22時頃まで明るかった空が今では一時間ほど早くなってきたように思います。

今週は、マウスを使ったリンパ球のホーミング実験が行われ、私は、フローサイトメトリーとOCT ブロック用に組織を切り分ける作業を行いました。また、FACS用のサンプルの固定、ならびに実際に自分の実験用にOCTブロックを作成しました。FACSに関しては、測定する前に行う値の設定方法など基本的なことを学びました。論文で読んだことしかなかった実験手法を一から見せていただき、一部は自分も関わることができたので以前より、理解が深まりました。さらに、別の実験としてWTマウスの腫瘍流入領域リンパ節の凍結切片を作成しました。脾臓など凍結切片をつくりやすいものもあれば、リンパ節の中には難しいものもあり、繰り返し努力しています。そして、今週は今まで使ったことない機種の共焦点顕微鏡のトレーニングを受けました。来週からは、実際に自分が行った免疫組織染色の結果を観察する予定です。実験手法や原理など、どんな質問にも快く答えてくれ、自分が積極的に実験にのぞむことは当たり前ですが、自分を磨きあげるのに非常によい環境だと感じています。今後もより多くのことを吸収していきたいと思っています。

また、生活面でも特に問題なく過ごせています。週末には、バスで片道約2時間かかるヘルシンキに出かけました。フィンランドのバスや鉄道そして街並みだけでなく、芸術や文化についても知ることができました。

先週の報告で一部報告しそびれてしまったことがあるので追記させていただきたいと思います。先週 8/17と8/18にThe 27th Annual Biocity Symposiumが開催され、Molecular Biology of the cell の著者のひとりとしても有名であるPeter Walter先生の講演や他のさまざまな分野の先生方の講演、そしてポスター発表などいろいろと刺激のある非常によい機会に参加することができました。このSymposiumを通して、最前線の研究テーマやその内容を知ることができたと思っています。

Sweksha Lohani

 
宮坂先生、ポスドクの竹田さんとHimalayan Kitchen にて    実験指導をしてくれているRuthさんとBioCity Symposiumにて